[伝統工芸品]伝-01

東京伝統木版画工芸協同組合東京伝統木版画工芸協同組合
葛飾北斎  冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏
葛飾北斎  冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏

ここが魅力!ここが魅力!

江戸期からの浮世絵版画の、彫り、摺りの技術を駆使し、すべての工程を手作業で進めています。版木には、細密な線の彫りに適した、又、摺りの摩滅に耐える山桜を、用紙には、数十色もの色の摺重ねに耐えうる楮を原料とした越前の「手漉生漉奉書」を使用しています。昔ながらの技術と、人の手から伝えられるぬくもり、そして奥深い美の表現を見て頂ければと思います。

VOICE

広重の「名所江戸百景」120点、「東海道五十三次」、北斎の「名橋奇覧」「諸国瀧廻り」「千絵の海」「冨嶽三十六景」の復刻を手掛けてきました。また、速水御舟のデッサン5点、正倉院宝物の中から5点を木版画に再現しました。現在は鳥居清長の「袖の巻」シリ-ズを作成中です、伝統的な木版ならではの、温かい作り手の息吹を、明日に残し伝えることができればと。

髙橋 由貴子さん

information&EVENT

住所〒112-0005 東京都文京区水道2-4-19

TEL03-3830-6780

FAX03-3830-6781

E-mailmokuhankumiai@nifty.com

担当者名髙橋 由貴子

イベントの開催情報など

1月には新宿高島屋にて東京都伝統工芸品展(1月9日~13日まで)、2月には池袋東武にてWAZA2020を2月20日~25日まで、東京駅のKITTEでの伝統工芸ふれあいフェスを2月11~15日までおこないます。

戻る