組合うまつり in TOKYO 2019
組合うまつり in TOKYO 2019

outline

『見て!食べて!体験しよう! 組合まつりin TOKYO 〜技と味の祭典!〜』
東京と全国の中小企業組合が大集結!
普段なかなか接点のない産業を知って、触れて、楽しめる!!

 東京都中小企業団体中央会(所在地:東京都中央区、会長:大村功作)は、「中小企業世界発信プロジェクト2020」の一環として、今年度も、東京はもとより全国の中小企業組合が大集結するイベント『見て!食べて!体験しよう! 組合まつりin TOKYO 〜技と味の祭典!〜』(入場無料)を2019年12月18日(水)・19日(木)の2日間に亘り、東京国際フォーラム ホール E にて開催いたします。

 「組合まつりin TOKYO」は、都内はもとより全国の中小企業組合から出展を募り、組合の知名度の向上、新たなビジネスチャンス・ビジネスマッチングの創出、また地域の魅力発信、インバウンド需要獲得等の場として開催する、全国一体となった展示会です。

 会期中は、東京が誇る様々な産業やサービスに触れて、新たな「発見」をしていただくとともに、全国各地の地域産品の展示・販売、試食・試飲を存分に体験していただき、普段の生活では、なかなか見ることのできない、職人の技や伝統をはじめ未来に向けた最先端の感性を入場無料でお楽しみいただけます。

  • 名称

    見て!食べて!体験しよう! 組合まつり in TOKYO 〜技と味の祭典!〜

  • 会期

    令和元年(2019年)12月18日(水)10:00〜19:00・19日(木)10:00〜17:00

  • 開催場所

    東京国際フォーラム ホールE (東京都千代田区丸の内三丁目5番1号)

  • 入場料

    無料(登録制)

  • 主催

    東京都中小企業団体中央会

  • 後援

    東京都、公益財団法人東京都中小企業振興公社、東京商工会議所、東京都商工会議所連合会、東京都商工会連合会、株式会社商工組合中央金庫、一般社団法人東京都信用組合協会、株式会社日刊工業新聞社、全国中小企業団体中央会

  • 出展規模

    130小間程度

  • 来場者数

    約6000人(昨年実績)

  • 出展カテゴリー

    • ①モビリティ(車と人の未来を支えるモビリティ)
    • ②ものづくり(世界が注目 日本のものづくり)
    • ③くらし(くらしのニーズに発見がある)
    • ④アミューズメント(楽しいワクワクで世界に笑顔を)
    • ⑤伝統工芸品(次世代へつなぐ日本文化の伝統と継承を世界に)
    • ⑥食品(安全と安心の食との出会いを体感)
    • ⑦伊豆・小笠原諸島(東京の島々の魅力が大集結)
    • ⑧経済(中小企業と都民の生活をサポート)
    • ⑨全国物産(ご当地自慢の逸品たちが大集結)
outline
outline

what's new

what's new
  • 2019.10.09事前来場登録を開始しました!

  • 2019.08.19見て!食べて!体験しよう! 組合まつり in TOKYO 〜技と味の祭典!〜来場者向けウェブサイトがオープン!

stage event

stage event

coming soon
stage event
stage event

展示会実績

開催年度 平成29年度 平成30年度
開催日 平成29年8月30日(水) 平成31年1月30日(水)・31日(木)
催事名称 「組合まつり in TOKYO
―中小企業の魅力発信!―」
「組合まつり in TOKYO
―中小企業の魅力発信!―」
開催場所 東京国際フォーラム ホール E1(3,000㎡) 東京国際フォーラム ホール E(5,000㎡)
出展団体数 88団体 117団体
来場者数 約2,500人 約6,000人